美浜町長選 現職森下氏も出馬表明

 任期満了に伴う来年2月3日告示、8日投開票の美浜町長選は1日、前日の新人谷進介氏(56)=三尾=に続いて現職森下誠史氏(59)=同=が立候補の意思を表明した。2期目に向けては災害対策を第一に、これまで4年間で着手した松原地区の高台避難施設の建設等を進め、三尾地区への緊急用ヘリポート整備にも意欲。引き続き「感動の美浜は笑いと元気から」をモットーに、住民との協働による住みよいまちづくりを目指す。
 三尾出身の森下氏は御坊商工(現紀央館)時代、バドミントンの選手としてインターハイに出場、団体でベスト16に進出。京都産業大卒業後は美浜町に戻って役場職員となり、町長になるまでは地元のバドミントンクラブで指導者を務めた。前回の選挙は町職員を退職後、告示1カ月半前に出馬を表明。3選を目指す現職を766票差で破り、初当選を決めた。
 2期目に向けてはこれまで同様、巨大地震など災害対策を第一の課題とし、吉原地区に計画している高台避難施設(築山)の建設、浜ノ瀬地区公民館避難タワーの屋上までの継ぎ足しを進め、1期目の公約に掲げながら実現できていない三尾地区への災害・医療用ヘリポートの整備にも意欲。ほか、中学生までの医療費無料化、第三子以降の出生祝い金支給などこの4年間で始めた事業を継続しながら、教育では民営化も含めたひまわりこども園の運営形態の検討、地域の先人や歴史を学び、愛郷心を育む「郷育」にも力を入れたいという。
 1期目は議会で毎回のように厳しい批判にさらされ、予算案の修正、否決、果ては前代未聞の決算未承認など議会との関係はギクシャク。その急先鋒の谷氏との一騎打ちは激戦が予想されるが、この日の森下氏はいつも通りにこやか、「これからも初心を忘れず、町政懇談会などで地域に出向き、直接対話の協働のまちづくりを進め、山積する課題に対応していきたい」と決意を示した。

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る