みなべ町教委が学力調査結果公表

 みなべ町教委は31日、4月に実施された「全国学力・学習状況調査」の結果をホームページを通じて公表した。学校別ではなく町全体としての結果を掲載。試験は国語と算数(数学)の2教科で行われ、それぞれ基礎問題の「A」と活用問題の「B」がある。みなべ町の小学生は算数Aだけが全国平均より高く、中学生はすべての項目で全国平均を上回った。全体的な特徴としては、国語よりも算数・数学で高得点がみられている。
 小学生は6年生、中学生は3年生を対象に実施。小学生でみると、国語Aの正答率は67.1%(県69.4%、全国72.9%)、国語Bは52.8%(県53.4%、全国55.5%)で、国語に関してはすべて県や全国の平均より下回っている。算数Aは80.2%(県76.8%、全国78.1%)、算数Bは55.3%(県55.7%、全国58.2%)で、Aが全国平均より2.1㌽、県平均を3.4㌽上回り、Bは県や全国より低かった。
 中学生は国語Aが81.1%(県77.4%、全国79.4%)、国語Bが51.4%(県47.5%、全国51.0%)、算数Aが76.9%(県65.9%、全国67.4%)、数学Bが68.1%(県56.8%、全国59.8%)。いずれも県や全国平均を上回っており、全国と比べると数学Aが9.5㌽、数学Bが8.3㌽高かった。 
 学習状況をみると、「ふだんどのくらい勉強をしていますか」との設問では、小学校では平日の「1時間以上」は37.7%で全国の62%よりも低いが、逆に「1時間未満」は58.3%で全国の34.7%よりも高くなっている。中学では「1時間以上」が67.2%と全国の67.9%とほぼ同じで、「1時間未満」は30.5%と、全国の26.3%よりやや高かった。豊田泰猛教育長は「この調査は子どもたちの学力の一部分の調査で、すべてではない。子どもたちの姿を客観的なデータにして広く町民に知ってもらったうえで、学校、保護者、地域の3者がともに考え、教育環境づくりを進めたい」と話している。県教委によると、これまで県内では印南町だけが学校別で公表し、市町村全体の結果としては和歌山市、湯浅町など5市町が公表した。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る