美浜町長選 新人谷氏が出馬表明

 任期満了に伴う来年2月3日告示、8日投開票の美浜町長選は31日、先月20日に町議の辞職願を提出していた元町議会副議長谷進介氏(56)=三尾=が出馬の意思を表明した。自身の政策としては巨大地震等の災害対策、住民目線の行財政改革などを挙げ、スローガンは「美浜町に限界なし、谷進介に限界なし」。現職森下誠史氏(59)=同=も近く立候補を表明、前回同様、現新一騎打ちの激しい戦いが予想される。
 谷氏は4年前も「立候補するのでは?」とうわさの1人に名前が挙がったが、結局出馬せず、森下町長誕生後は議会で毎回、現職の行財政運営を批判、問題点を厳しく追及。閉会中も町内外のイベントや式典に積極的に出席するなど、住民の目には選挙戦を見据えてと映る活発な動きに注目が集まっていた。先月20日に議員辞職願を提出し、22日付で正式に辞職後は本格的に住民へのあいさつ回りをスタートさせ、31日朝、自宅に集まったマスコミの前で出馬を表明した。
 美浜町政の課題としては、東日本大震災以降、住民の最大の関心事となっている巨大地震・津波対策を第一に挙げ、「近く完成する地域防災計画は、災害対策基本法の改正案に盛り込まれた放置自動車の撤去などがきちんと対応できるようになっているのか、もう一度見直すべき。ハード面では浸水エリアの全住民が逃げられる高台施設など、一時避難場所を一日も早く確保しなければならない」と説明。ほかにも行財政改革では庁内業務のペーパーレス化をさらに進め、教育ではひまわりこども園の運営、2小学校の統合も含めたあり方の検討、高齢者福祉では人感センサーつき見守りシステムの導入などを考えているという。
 現職森下氏も近く出馬を表明するとみられ、4年前と同じく現職と新人が一騎打ちの様相。谷氏は「立候補予定の皆さんとは、有権者の選択の一助になると思うので、政策や考え方を住民に示す公開討論会のような場を一緒にもてるよう提案したい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る