全日本空手道選手権 前田兄弟が大健闘

 世界大会の代表選考を兼ねた第46回オープントーナメント全日本空手道選手権大会が25、26の両日、東京体育館で開かれ、新極真会和歌山支部からは男子3人、女子3人の6人が出場。同支部御坊道場からは男子無差別級に2人が出場し、美浜町和田の前田勝汰選手(21)が6位、勝汰選手の兄優輝選手(23)が8位に入り、それぞれ敢闘賞、技能賞を受賞した。
 4年に一度の無差別世界王者を決める世界大会の第1次選抜戦。無差別の直接打撃制トーナメントで男子は94人が出場した。勝汰選手は168㌢、75㌔と無差別では小柄な方だが、持ち前のスピードと強い突きに加え、練習を重ねた蹴り技も織り交ぜながら勝ち上がった。4回戦は5月のJFKО全日本大会の重量級覇者を本戦3―0で撃破。準々決勝は昨年の同大会準優勝の加藤大喜選手(愛知)との対戦、互いに譲らず再延長も引き分け、板割りの枚数で決まる試割り判定となり、16枚―17枚の1枚差で惜しくも敗れ、世界大会選抜枠(4人)をあと一歩のところで逃した。
 170㌢、65㌔の優輝選手は軽量級では国内に敵なしだが、100㌔以上の選手も多い無差別ではスタミナとスピードが生命線。2回戦は同じ軽量級の選手を相手に、アクシデントで額を7針縫うけがをしながら圧勝した。翌日の3回戦は90㌔近い重量級の選手を延長戦で破り、4回戦はおととしの全日本大会準優勝、全日本中量級2連覇の島本一二三選手(広島)を再延長引き分け、体重判定(10㌔以上の差で軽い方が勝ち)で辛くも勝利。準々決勝は昨年の全日本大会覇者で、180㌢、100㌔近い巨漢の入来建武選手(東京)と対戦し、3、4回戦の激闘が響いて力を出し切れず惜敗、8位に終わった。
 前田兄弟はともに来年5月のJFKО全日本大会(2次選抜)で代表入りを目指すことになり、「しっかり稽古に励んで次は必ず選ばれるよう頑張りたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 海の環境を守ろう!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る