日本と世界の「今」に迫る

 ㈱独立総合研究所代表取締役社長、青山繁晴氏の市民教養講座を取材。印象的なのは「熱さ」だった。日本を巡る問題を、情熱の赴くまま縦横無尽に論じた感がある
 とにかくエネルギッシュである。舞台からドンと飛び降りる。通路を歩き、観客に質問し、握手を交わす。自主講演会は最長6時間半。90分は短すぎるが、かといって効率よく話すわけではなく、濃密な余談が次々に飛び出す。語るべきことがあまりにも多く、自然に噴き出してくるのを止められない感じだ
 夫人で水産学博士の青山千春さんもすごい人である。高校の先生に東大進学を勧められるが、元海軍のトランペッターだった父から海の話を聞いて育っており、「船乗りになりたい」と資格の取れる大学を探す。すべて受験資格が男子のみだったが、唯一認めてくれた東京水産大学に入学。日本初の女性船長となった
 その千春さんが調査に取り組んでいるのが、和歌山県沖の海底に眠るメタンハイドレートだ。「燃える氷」と呼ばれる、新燃料になり得る埋蔵資源。実用化されれば日本は資源大国になる。夢物語のようだが、「日本は技術も労働者のモラルも№1」と青山氏は熱を込めて語った。開発は決して不可能ではない、と
 北朝鮮拉致問題、福島原発事故、沖縄戦の白梅学徒隊と語られたすべてに思いがこもっていたが、特にこの和歌山県で語られることに意義があったのはメタンハイドレートだろう。講演資料のトップには「紀州の海は日本を変えるか。世界をも変えるか」との問いがある
 現象をあらゆる角度から見つめ、日本と世界の今に迫る。視点の鋭さとボルテージの高さに圧倒されつつ、眠っていた向学心を呼び起こされる熱い講演会だった。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ見にいらしてください

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る