花鳥風月の天井絵

 御坊市島、浄土真宗本願寺派の善妙寺(木下眞人住職)で門徒らがボランティアで進めている本堂の天井絵154枚の描き直し作業は、いよいよ大詰めを迎え、4年越しで早ければ来年秋にも完成する。花鳥風月をモチーフにした日本画で、これまで色鮮やかな約100枚を制作。指導は日高町小坂、日本美術院院友の鈴木薫さんが行っており、伝統文化の日本画を後世に伝える機会にもなっている。
 本堂は約230年前に再建された歴史があり、天井絵の画家は不明だが、再建時に描かれたと推定される。大きさ40×42㌢と35.5×37㌢合わせて154枚あり、いずれも長年の歳月を経て色が剥げ落ちたり、破れたりしている。そんな中、鈴木さんは自身が指導している日本画鈴蘭会のメンバーの1人が同寺の門徒という関係でこの話を知り、「伝統あるお寺に日本の伝統文化である日本画を残せれば」と思い立ち、天井絵全てを描き直すことにした。当初、鈴蘭会のメンバーらプロの画家だけでの作業も考えたが、「数百年に一度の大仕事だから、門徒の人たちも携われる方がいい記念になって喜ぶのではないでしょうか」と門徒のアマチュア画家にも協力を依頼。平成23年10月から毎月1、2回のペースで本堂に集まって作業を進めている。「箱絵形式」の描き方で、特殊な紙に極彩色の「水干絵の具」を使って色鮮やかかつ繊細に仕上げており、これまでに青色が鮮やかなキキョウ、目の覚めるような赤色のツバキのほか、ハス、ユリ、ハギなどが完成。迫力みなぎる龍の絵もある。全ての絵が出来上がったあとは、いまの天井絵を剥がして、新しい絵を貼り付けていく。
 天井絵の修復や新調などには本来多額の費用がかかるが、ボランティアの力で順調に進んでいることについて木下住職は「本当にありがたいこと。皆さんの頑張りで完成が近付いてきました。とても楽しみにしています。完成後は記念法要をしたいと思います」と話している。天井絵新調の機会に、老朽化が進んだ欄間やふすまの修繕も行っている。

関連記事

フォトニュース

  1. 桜とダム、こいのぼりが競演

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る