県営射撃場建設計画 印南で住民説明会

 県は24日、鳥獣害対策としての県営射撃場建設計画について候補地として名乗りを上げている印南町印南原地区で説明会を開き、地元住民ら50人が参加。仮に設置するとなった場合、想定施設は国体を開くことができる規模であることなどを紹介し、「実施には多くの住民や関係者の理解が必要で、現段階ではするともしないとも言えない。今回の説明会が第一歩」と話した。
「スキート射撃」、「ライフル射撃」などの種類があり、印南原ではトラップ2面、スキート1面、ライフル5射座を想定していると紹介。射撃場は規模などでAAA、AA、Aなどの格付けがあり、印南原での想定はAで認定を受ければ国体を開くことができる規模だという。設置は県で、運営は専門的な知識を有する団体などに指定管理していく方針であることを説明。仮に設置が決まった場合、設計や造成などで完成までに4年かかることも話した。
 参加者からは騒音や鉛害についての質問があり、県はそれらの対策は国の「指定射撃場の指定に関する内閣府令」に定められていることを説明し、鉛害対策については着弾範囲の舗装などの方法も紹介した。最後に「鉛害、騒音、造成による川の濁り、また濁りによる下流への影響などさまざまな課題の検証が求められ、関係する多くの方の理解が必要。地元での説明会はその第一歩」と話した。
 県の射撃場計画は湯浅町でもあったが、用地確保や地元合意が得られず平成22年に断念。現在候補に名乗りを上げているのは印南原のみ。

関連記事

フォトニュース

  1. 特殊詐欺に気をつけましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  2. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  3. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  4. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  5. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る