県が住民の寄付でがん先進医療に補助

 県は県民からの寄付を基に新しく「がん先進医療支援事業補助金」制度をつくり、経済的な理由などからがんの先進医療を受けるのが難しい人を対象に、治療費の2分の1以内(最大150万円)を補助する事業をスタートさせた。対象となるのは重粒子線や陽子線の放射線治療など。県内にはまだこれらの先進放射線治療を受けられる施設はないが、暮らしに安心を与える医療政策として、利用を呼びかけている。
 県はがんで亡くなる人を減らし、がんになっても安心して暮らせる支援体制づくりを推進。ことし5月、海南市下津町に住む元土木建設業、芝本十三さんが県庁を訪れ、「経済的な理由でがんの先進医療を受けられない人のために役立てて」と多額の寄付があったのを受け、寄付金を基に補助制度をつくり、9月の一般会計補正予算に事業費を計上した。芝本さんは数年前に妻をがんで亡くし、自身も寄付をしたあとに75歳で亡くなった。
 補助金を申請するには、▽応募時点で1年以上引き続き和歌山県内に住所がある▽国内でがん治療を目的とした先進医療を受けることを決め、主治医の推薦を受けた▽申請者とその世帯員の預貯金など金融資産の合計が600万円以内▽がん先進医療にかかる給付金を受け取る保険契約を結んでいない――などが条件となる。
 補助制度は予算がなくなりしだい終了となるが、県は制度をそのまま残し、芝本さんと同様の趣旨の寄付があれば再開する方針。仁坂吉伸知事は「芝本さんは、『お金がなくてがん先進医療を受けられないというような人がいたら気の毒だから、そういう人のために使ってほしい』とおっしゃっておられた。芝本さんの遺言といったらおかしいが、経済的な理由で先進医療を十分に受けられないけれど、医師が『保険対象でない先進医療を受ければよくなるはずだ』という方には、どんどんこの補助金から(治療費を)出させていただく」と話している。
 この補助金の対象となるのは、公的医療保険の適用がないがん治療を目的とした先進医療で、重粒子線や陽子線の放射線治療が中心になるとみられている。
 重粒子線はがんだけをピンポイントでたたくことができ、他のX線やガンマ線とは違い、体の奥のがん細胞のところでエネルギーがピークとなり、前後で弱くなるため、皮膚や周囲の正常な細胞が傷つく副作用が最小限に抑えられる。また、1回の照射のエネルギーが大きいため、他の放射線に比べて治療にかかる照射回数が少ない。
 対象となるのは前立腺や肺、肝臓、頭頸部など局所にとどまっている固形のがんで、X線が効きにくい骨肉腫や筋肉、脂肪などにできる軟部腫瘍も得意とする。逆に、白血病など血液のがんや広範に転移したがん、胃や大腸など不規則に動く臓器のがんは対象とならない。
 重粒子線も陽子線も県内にはまだ治療できる医療機関はないが、近くでは兵庫県たつの市の県立粒子線医療センター(重粒子線・陽子線)福井県福井市の県立病院陽子線がん治療センター(陽子線)などで治療が行われている。この2つの放射線治療のほか、9月現在、がん治療を目的とした先進医療は36種類があるという。
 補助制度に関する問い合わせは県庁健康推進課がん・疾病対策班℡073―441―2640。

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る