御坊市消防45人体制に議会が理解

 消防の職員は48人体制で行っていたときもあったが、第4次行財政改革で3人を削減し、45人体制となっていた。しかし、24年度に職員1人が自己都合で退職するという予想していなかった状況になり、急きょ職員を募集することもできないため、25年度はそのまま44人体制。本年度からは1人を補充して45人体制に戻っている。前回の決算委員会では「44人体制でも業務ができるのではないか」と指摘があったが、消防側の説明が十分でなかったため、再度詳細な説明を求めていた。
 まず44人体制での対応については「45人体制と同じ状態を維持する決意の下、全職員が一丸となり、休暇の取得制限、管理職の現場要員確保、消防戦術の見直し、業務の兼職などを行って取り組んできた」などと、職員の負担と緊張感で取り組んだ1年間だったと説明。その上で45人体制の必要性については▽予防・総務業務をみても権限移譲などで処理する業務が膨らみ、ある程度の要員を置かなくては処理できない▽現場活動では隊員の安全管理が非常に重要で、隊員の安全な活動をサポートするための指揮隊の人員確保が重要▽救急活動が人口割からして多く、事案が同時に重なることも多々ある▽和歌山市内などの管外定員搬送は高速道路を利用しても2時間以上かかり、その間の当務人員状況によって新たに発生する救急活動や火災救助などにも備えて補充が必要で、この場合は非番者、公休者、日勤者、管理職で補わなければならない▽職員の教育も重要な中、研修を受けにいく間も補充人員が必要――などとしている。委員会ではもともと〝消防の質〟を落とさないという観点で45人体制を了承してきた経緯があり、今回の説明で必要性を再確認した格好だ。

関連記事

フォトニュース

  1. 皆さんの声をお寄せください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る