祭りは地域最大の世代間交流イベント

 日高地方では秋祭りがたけなわだ。今月に入り、毎週日曜日にはそこかしこの神社で催されている。聞こえてくる笛や太鼓の音色は昔とまったく変わりなく、幼い頃の記憶が蘇っている。しかし、今と昔を比較した場合、年配者からよく聞くのが「以前はもっと大勢の人が参加し、いま以上に盛り上がっていた」という声。事実、現在は屋台や神輿の担ぎ手が不足し、以前のように決まった日に開催される神社が少なくなり、多くの祭りが日曜日や祝祭日に変更された。
 みなべ町の鹿島神社の秋祭りも日曜日の去る19日に行われた。ことしは芝崎地区のふとん太鼓が4年ぶり、南道の奴行列が3年ぶりに登場。ふとん太鼓は重さ2㌧もある太鼓台で、若者らが担ぎ上げる光景は迫力満点。南道の奴行列は田辺城主・安藤帯刀の田辺城入城を再現したといわれ、虎や竜の刺繍が入った腰巻を着けて独特の踊りが披露された。祭りの見どころともなり、例年以上の人出でにぎわった。祭りが終わってからも「ことしはとてもよかった」という住民の声があちこちで聞かれた。
 祭りは、人が集まらなければ盛り上がらないのは言うまでもない。日高地方では人口減に歯止めがかからない状態だが、祭りは年に1度の地域最大世代間交流イベント。力を合わせて神輿や屋台を担ぎ、獅子舞の奉納でも笛や太鼓の奏者がいなければ成り立たず、協力し合いながら物事を進めていく。それは希薄になりつつある住民間の交流を深めることにもつながる。
 ことしは少しシャイな人も、お酒の力など借りてハッスルしてみてはどうだろう。しかし、行き過ぎた言動には自己責任で注意を…。 (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより広いな~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る