でっかい夢実現願う

 18日に京都市のわかさスタジアム京都で開幕する秋季近畿地区高校野球大会。2府4県の代表16校がトーナメントで激突し、来春のセンバツ出場校を選ぶ際の重要な参考資料となる。出場校は、今夏の甲子園優勝校で春夏5回の全国制覇を誇る大阪桐蔭(大阪)を筆頭に、今春のセンバツを制した龍谷大平安(京都)、名門・PL学園(大阪)、甲子園常連の報徳学園(兵庫)に天理(奈良)、古豪・箕島(和歌山)とそうそうたる顔ぶれで、地元期待の日高中津はその中でも最有力とされる大阪桐蔭に挑む。
 18年前、全国分校初の甲子園出場を決めたときの秋季近畿地区高校野球大会。開催地が同じ京都府で、試合会場も同じわかさスタジアム京都(当時は西京極総合運動公園野球場)。さらに当時の組み合わせを見てみると、平安、報徳学園、PL学園、天理が出場しており、日高中津の初戦は今回と同じ大会3日目の第2試合となっていた。県予選で智弁和歌山を破って勝ち上がったのも当時と同じ。「あの大阪桐蔭では厳しい戦いになる」との見方が多いが、こんな吉兆もある。
 「小さな学校、大きなチャレンジ」が若アユのモットー。近畿大会の抽選結果が届いたとき、垣内邦夫監督も「ずっと、小さな学校が大きな学校に勝てるようにと頑張ってきたんで」と話し、臆した様子はみじんもなかった。平成9年のセンバツ、先輩たちは多くの注目が集まる中、古豪・中京大中京(愛知)と対戦。3―6で敗れたが、6回表まで3点リードするなど互角の戦いを演じた。後輩たちにもそんな戦いを期待したいところ。「甲子園出場、そして初勝利」。来春、小さな学校のでっかい夢が実現する瞬間をみられるよう願っている。       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. みんなずっと友達だよ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る