仁坂知事が来年度新政策について市町村長と懇談

 県の平成27年度新政策に関する仁坂吉伸知事と紀南地方市町村長との懇談会が16日、田辺市役所で開かれ、日高地方以南の17市町村長が出席。少子高齢化対策、地震津波・防災対策等について意見を交換した。
 冒頭、仁坂知事は「行政は何か新しいことをやろうとするとき、それが本当に多くの県民を幸せにすることになっているかを議論しないところからマンネリ化が始まる。ことしはとくにそうなってはいけないと思い、県庁の中で激しい議論をした。われわれの案にこだわらず、ほかにアイデアがあればどんどん発言してほしい」とあいさつ。新政策は来年度も引き続き、「安全と安心」「未来への投資」の2つを柱とし、高齢者、医療、教育、農業、商工業など各分野の新政策の基本的な考えについて説明があった。
 印南町の日裏勝己町長は全国的に多発する豪雨土砂災害に関し、「土砂災害警戒区域の指定を受けると、その土地の価格が下がるという意見がある一方、指定を受けてきちんと対策をすれば逆に土地の価値が上がるという考え方もある。住民にとっては痛し痒しの問題だと思うが、どうすればうまく解決できるだろうか」と質問。これに対し、石原康弘県土整備部長は「和歌山県内の土砂災害警戒区域は約30%で、全国平均より低い状況にある。おっしゃられるように、指定されると地価が下がるのでは、人が来なくなるのではという心配の声もあるが、やはり、何事も命あっての物種。県としては警戒区域の指定をもう少しスピードアップし、ソフト・ハード面の対策も来年度以降、重点的に取り組んでいく」と答えた。

関連記事

フォトニュース

  1. 世界に「YELL」を届けましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る