御坊でアジア高校生フォーラム全体会

 日高高校(上田優人校長)の創立百周年記念事業アジア高校生フォーラムの全体会が15日、御坊市民文化会館で開かれ、日本含む17カ国・地域の高校生がアジアの観光、環境、文化で意見交換。各国の高校生が自国の取り組みや課題をプレゼンしたほか、質疑応答では積極的に意見を出し合い、アジアの明るい未来へ心を一つにした。
 参加したのはインド、インドネシア、カタール、カンボジア、タイ、韓国、台湾、中国、トルコ、ネパール、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、香港、マレーシア、モンゴルの16カ国と日本。最初に上田校長が「アジアはそれぞれの国、地域で様々な問題を抱えています。しかし若者にはそれらの課題を乗り越え、友好な関係を築き、明るい展望を開く『知恵』と『夢』を持っていただきたい」とフォーラム開催への思いを話し、また外務省や大使館、JICA関西、和歌山大学などの協力団体に感謝。同校の生徒でつくる「アジア高校生フォーラム実行委員会」の三倉茉裕子委員長(2年)は「フォーラムはゴールではなく、今回結ばれた絆をアジアの将来を考えていくきっかけにしましょう」とあいさつした。
 最初のテーマは環境。特別報告で宮城県の石巻高校と仙台育英高校の生徒が被災後の取り組みなどで話した後、環境を担当する各国の高校生が発表。フィリピン、インドネシア、マレーシア、カタール、トルコの高校生がそれぞれ台風、洪水などの自然災害、FIFAワールドカップへの準備など、スクリーンを使ってプレゼン。日高高校の生徒も地震についての考えを述べた。各プレゼンのあとには質疑応答があり、発表者らは積極的に質問し、知識を深めていた。フォーラムは最初のあいさつからすべて英語で行われ、傍聴していた日高高校生らは海外の高校生の英語レベルの高さに驚きながらも一生懸命聞き入っていた。午後からは観光、文化で発表したほか、総まとめ、閉会セレモニーなどを行った。

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったよりむずかしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る