県が67人の結婚サポーター認定

 未婚化、晩婚化の流れを変え、少子化を食い止めることを目的に県が取り組んでいる婚活支援事業の一環で、新しく縁結びを地域で応援する「わかやま結婚サポーター」67人が認定された。結婚紹介を営利目的としないことなどを条件に、法律やお見合いのルールなど専門家による研修を修了したボランティア集団。日高地方でも男女16人が認定を受け、県のホームページで紹介されている。
 県は昨年度から、県内に住む独身男女を対象に会員制の婚活支援事業をスタートさせ、県立自然博物館など県有施設を会場としたパーティーを開くなど、行政が主体となって出会いの場を提供するイベントが人気を呼んでいる。本年度はこれをさらに拡充し、地域の結婚相談を得意とする人をボランティアとして募集。県全体で78人の応募があり、8月に総合婚活サービス企業代表らによる養成研修会を開き、30代から70代まで67人(男性23人、女性44人)がわかやま結婚サポーターとして認定された。
 主な活動内容は、▽独身男女の結婚に関する助言▽独身男女の出会いの機会の仲介▽県が実施するわかやま結婚支援事業への協力――など。県のホームページ(わかやま出会いの広場)で事業に関する説明、イベント情報などとともに、結婚サポーターのプロフィルも掲載されており、「地域活性化のために少しでもお役に立てれば」「子どもの笑い声の響くふるさとを取り戻すため、若い人たちを応援します」などと自己PRしている。
 日高地方のサポーターは次の皆さん。
 御坊市=關(せき)かがり、出口明司▽美浜町=吉田つぐみ、田端眞由美▽由良町=後藤明子▽印南町=坂口久美子、小田美津子、星合恭子▽みなべ町=矢田巳佐子、中家かをる、芦硲真弓、山本美智子、細川教代、舛井多喜郎、糸川昭三、川口輝樹

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る