命を守る手立てと心構え

 新潟県中越地震が発生して今月23日でちょうど10年になる。県道沿いの土砂が崩れ、車ごと生き埋めになり奇跡的に生還した当時2歳の男の子が12歳になった今の心境を語った記事が大手紙で掲載されていた。助けられた命、将来は自分が人を助ける仕事がしたいと力強く話していたこと、亡くなった母親の代わりに育てている祖父母の「○○は私たちの生きる希望だった。私たちをも救ってくれた」との内容の言葉に胸が熱くなった。弱冠12歳の子どもがこれほど高い志を抱いていることからも、祖父母の深い愛情が伝わってくる。と同時に、自然災害の脅威、無情さを感じずにはいられない。
 長野県の御嶽山もまた、予期せぬ自然災害である。登山愛好家に親しまれ、小学生でも登れる登山道という。まさか噴火するなんて、と誰も予想できなかっただろう。東日本大震災が一つのきっかけにさまざまな自然災害を誘発しているという指摘もある。人は地球に、そして自然の中で生かされていることをあらためて思い知らされた。自然の脅威の前に、人はあまりにも無力である。
 スーパー台風ともいわれる猛烈な勢力の19号が、日本列島、中でも近畿を直撃する可能性が出てきた。台風はこれまで何度も日高地方を襲ってきたが、今回は勢力が過去最強クラス。どうすれば自分や家族の命を守れるか。先週の台風18号では各自治体が「結果的に空振りになってもいい」と避難勧告や指示を積極的に出したという。しかし、避難するかどうかは住民次第。さらに勧告を受けた地域の住民全員を受け入れる施設や態勢は本当に整っていたのかの検証も必要だろう。命を守るため、一人一人が真剣に考えなければならない。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る