日本社会はLEDで目を覚ませ

 青色のLEDを開発した名城大教授の赤崎勇氏、名古屋大教授の天野浩氏、カリフォルニア大サンタバーバラ校教授の中村修二氏の3人が今年のノーベル物理学賞に決まった。日本人の受賞はiPS細胞の山中伸弥京大教授以来2年ぶり。災害、凶悪事件が相次ぐ日本に、まさにLEDの光のような明るいニュースとなった。
 授賞理由は「青色LEDとこれを使用した高輝度白色光源の実現」。辛坊さんの解説によると、赤崎氏と天野氏は赤、緑に続いて遅れていた青のLED開発に成功。中村氏はこれを発展させ、長時間、安定的に光を出せる素子を開発、家庭用電球などの量産化に道を開いたという。
 中村氏はかつて、徳島の民間企業の研究員で、世界初の偉業で社会に貢献、会社にも莫大な利益をもたらしながら、社内的には冷遇を受け、退社後、特許権をめぐって訴訟を起こした。一審は会社に対し200億円の支払いを命じたが、会社は控訴し、高裁勧告を受けて6億円、最終的には遅延損害金を含め約8億4000万円を会社が支払うことで和解が成立した。
 この間、中村氏の行動に疑問、批判の声も少なくなかった。研究が仕事の大学教授でさえ、日本は満足な環境、費用が与えられていないといわれるなか、地方の企業の一社員だった中村氏のストレスは凄まじかったはず。無理な研究を続けさせてくれた会社、社長への恩義を忘れた訳ではなかろうが、誹謗中傷を覚悟のうえで、訴えざるを得ないほどに日本社会は腐っていた。
 自ら起こした裁判がせっかくの偉業にミソをつけた形となったが、それも今回のノーベル賞ですっきり。手のひらを返して祝福ムードの日本の社会が、中村氏の目に歪んで見えていないことを祈る。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. この生命力にあやかりたい

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る