屋根工の中西さん 国交大臣顕彰者に

業の第一線で活躍し、後進の指導・育成にも貢献している優秀な技能者をたたえる国土交通大臣顕彰者(建設マスター)が決まり、県内は7人、日高地方からは御坊市の中西瓦施工店代表の屋根工中西久美(ひさみ)さん(64)が選ばれた。26歳で転職し、見習いから始まって屋根工事一筋38年。時代とともに現場のニーズも変わるなか、いまも現役で「顧客の心に届く」仕事を心がけている。
 中西さんは25歳まで製材業の仕事をしていたが、26歳で有田市の瓦の製造・販売・施工の会社に再就職。自分より若い先輩の下について、屋根の仕事全般を一から学び、2年後には湯浅の別の会社に移って修行を積んだ。昭和62年には独立し、湯川町富安の自宅に「中西瓦施工店」をオープン。8年前には湯川中学校の北側に事務所を構え、現在は長男哲也さんら5人の現場スタッフのリーダーとして、新築住宅の瓦ふき、既設住宅の雨漏り、屋根修理等に対応している。
 木造住宅の屋根瓦は、19年前の阪神・淡路大震災以降、それまで主流だった土で固定する日本瓦が敬遠されるようになり、現在は神社や仏閣を除いて、屋根はほとんどが軽い洋風瓦。法改正や新商品の登場で施工技術も変わり続けるなか、中西さんは施主が思い描くイメージに出来る限り近づけるよう、自分にも若手の職人にも一切の妥協を許さず、「お客様も自分も納得できるまで、何度でもやり直し、心に届く仕事」を追求しているという。
 本年度、県内から選ばれた建設マスターは土工、建設機械運転工、板金工など7人で、個人事業者は中西さんだけ。表彰式は10日、東京のメルパルクホールで行われる。晴れの受賞に中西さんは、「職人としてのスタートは遅かったのですが、これまでこの仕事を続けてこられたのも、自分を支えてくださった先輩や仲間のおかげで、今回の受賞は家族の協力を得てコツコツ真面目に仕事をしてきた結果だと思います。これからも笑顔を忘れず、『まちの屋根屋』として地域に貢献できれば」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 思いやりの心を持ちましょう

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る