みなべ町で合併10周年式典

 旧南部町と旧南部川村の町村合併による新町みなべ町の誕生から10周年を迎え、5日に保健福祉センターで記念式典が行われた。小谷芳正町長は「合併後に策定した長期総合計画に沿った町づくりが軌道に乗った」と10年を振り返り、将来については「厳しい試練に直面しているが、明日のみなべ町の道を切り開いていくのが責務」と述べた。最後は町の発展を祝い、万歳三唱で締めくくった。
 式典には関係者ら約150人が出席し、オープニングはよさこい踊り「プラリズム~梅舞~」の軽快な舞台でスタート。小谷町長は、式辞で新町誕生から現在までを振り返りながら「合併後に策定した10年間の計画を示す長期総合計画に沿って行政を進め、軌道に乗った。今後の10年間の長期総合計画では、町民の安全・安心の町づくりのため、防災面を強化していきたい」と述べた。続いて合併に功労のあった20人、公職などを長年にわたって務めた永年勤続者8人、高額な寄付があった9個人1団体に感謝状を贈呈。来賓祝辞では仁坂吉伸知事のメッセージを下宏副知事が代読したほか鶴保庸介衆議院議員、田辺市の真砂充敏市長、坂本登県議会議長がこれまでの歩みを振り返り、町の発展を祝った。最後は田中昭彦町議会議長の音頭で万歳三唱をして締めくくった。式終了後は㈱日本総合研究所調査部主任研究員の藻谷浩介さんを講師に招き、「里山資本主義から未来が見える」と題する講演会が開かれた。感謝状を受けたのは次の皆さん。
 【合併功労】山田五良、故山﨑繁雄、杉本正博、今木國隆、井上光博、故平松泰一、山中邦夫、岡田政吉、西玉集一、故中家克巳、三前雅信、立田圭一郎、西野正和、永井惠子、尾﨑剛通、井口黎明、坂本さわゑ、故瀧川博己、中本ヱミ子、西定吉【永年勤続功労】永井實、桝井宏、樫本健兒、大野耕一、河邊信吉、西原勲、大野征生、後藤清【高額寄付】山田直美、故前芝宗三郎、前芝ツヤ子、佐藤美津子、有本均、有本洋子、谷口次朗、故岩﨑文治、岩﨑ミキ、特別財団法人永井熊七記念財団

関連記事

フォトニュース

  1. やにこうおいしいよ~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る