日高病院循環器内科 11月から本格診療

 御坊市外五ケ町(日高)病院経営事務組合議会の定例会が30日に同病院で開かれ、11月1日から本格的に開設する心臓病や血管の病気の専門科「循環器内科」に導入する専用機器2台(約5500万円)の購入を承認した。同科の専門医も今月1日から予定していた5人体制が整っており、今後は機器の設置やスタッフ訓練を進める。
 同病院ではことし4月から新診療・管理棟の2階に循環器内科の外来を設けていたが、医師は1人で、設備も整っていない状況だった。しかし、医師派遣要望を重ねていた和歌山県立医科大学から追加派遣の話があり、5人体制での本格診療が実現した。これに伴い、エコー室や心疾患集中治療室(CCU)、リハビリ室などに設置する専用機器の購入、エコー室の改修で合わせて約1億5000万円を投入。専用機器のうち2000万円以上は議会承認が必要となっており、今回の定例会ではモニタリングシステム一式2376万円と超音波診断装置(心エコー)一式3294万円の購入で承認を求めた。
 一般的に循環器内科の対象疾患は狭心症や心筋梗塞(こうそく)、心臓弁膜症、不整脈、感染性心内膜炎、高血圧症、大動脈瘤(りゅう)、肺梗塞など。高血圧、糖尿病、喫煙習慣、高脂血症など循環器疾患のリスクの高い人は定期的な診察がよいとされている。日高病院では24時間体制で救急にも対応。日高地方のほか、循環器医療の病院がない有田の南部地域(広川、湯浅、旧金屋町等)も救急や消防の第一搬送病院に指定されることから、紀中エリアの循環器医療の拠点となりそうだ。
 定例会では平成25年度決算も承認。それによると25年度は6億9742万6894円の赤字。要因は休床や入院患者減少、診療報酬返還など。累積赤字は20億6018万3890円にものぼる。ただ、同病院では内部留保が約19億円あり、赤字でもいまのところ経営に大きな問題はないが、運営改善を求める声が出ている。そういった中、11月から本格的に開設される循環器内科は、多くの患者が見込まれており、収入アップの面でも期待されている。

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る