琉球の道成寺物「執心鐘入」

 御坊市制施行60周年記念事業「組踊特別鑑賞会」を取材した。組踊とは、ユネスコ無形文化遺産、国指定重要文化財の沖縄の歌舞劇。300年近く前の1719年に初演された
 琉球の歌舞劇ときくと明るくテンポのいい踊りを想像しそうだが、組踊は能楽などを基に創作されており、ゆったりと優雅な動きで物語が進行する。今回演じられた「執心鐘入」はいわゆる道成寺物で、中城若松という美少年が言い寄る宿の女を拒否して命をとられそうになり、寺の鐘の中にかくまってもらう話。女が追ってくると若松は密かに鐘から助け出してもらうので、安珍と違って死なずに済んでいる
 実際に鑑賞して印象的だったのは、うたうような台詞の旋律。言葉は変わっても同じ節回しが繰り返される。沖縄音楽独特の、南国の太陽を思わせる明るいメロディーだ。能や歌舞伎の道成寺物とは設定など細部が異なるが、最大の違いはこの点かもしれない
 ネットで組踊について調べてみて、「執心鐘入縁起」という昭和21年作の戯曲があることを知った。著者は、日高地方にも歌碑が残されている民俗学者で歌人の折口信夫。組踊の創始者玉城朝薫(たまぐすく・ちょうくん)が創作を決意する心境を描く、いわば「メイキング・オブ執心鐘入」だ。その中では、朝薫は都からはるか離れた故郷に文化の息吹を吹き込みたいと願った人物として描かれる。雅やかなリズムの地謡を聴き、組踊を見ると、確かに当時の貴族文化が結晶しているようにも思える。南国特有の明るさをそこに織り込みながら
 一つの文化が一人の創作者を通して別の土地に運ばれ、そこの空気と融合してまた新たな作品が生まれる。文化の伝播の面白さを、この組踊に感じた。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る