日高高校で14日からアジアフォーラム

 日高高校(上田優人校長)は創立百周年を記念して14日から17日まで4日間、アジア高校生フォーラムを開く。インド、中国、ベトナムなどアジア中心に16カ国の高校生を招き、観光、環境、文化についてプレゼンテーション。同校の生徒も参加し、若者世代での友好関係構築と、グローバル人材の育成を目指す。
 参加国はインド、インドネシア、カタール、カンボジア、タイ、韓国、台湾、中国、トルコ、ネパール、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、香港、マレーシア、モンゴルの招待16カ国と日高高校生の日本含め17カ国。各国から15~18歳の高校生2人と引率教員1人の合計3人が来日。滞在中は、日高高校の生徒宅などへホームステイする。
 プレゼンのテーマは世界遺産活性化やアジア観光ネットワーク創設などの「観光」、地震・津波対策、地球温暖化対策などの「観光」、食、アニメ、祭りなどの「文化」の3つ。各国とも事前に指定されたテーマについて、スクリーンで発表できる準備をしている。日高高校はすべてのテーマで発表。フォーラム実行委員会の生徒が中心に発表準備を進めており、これまで和歌山大学やJICAの協力を得ながら発表内容を考えてきた。
 初日の14日は分科会で、同校の体育館や記念館、会議室などを使い、各テーマに分かれて発表。少人数で質疑応答時間を多く設けており、より深い意見交換を行う。またこの日は歓迎レセプションもある。
 本番となる全体会は15日に御坊市民文化会館。最初に特別報告として宮城県石巻高校と仙台育英高校の生徒が震災について報告。続いて環境、観光、文化の順に各国生徒や日高高校生が発表。最後は全員が舞台に上がって全体討論。言語はすべて英語を使用する。また日高高校の全生徒が入れ替わりで傍聴する。
 アジア各国の生徒たちは、16日に和歌山大学の学生の案内で和歌山の世界遺産をめぐり、17日には市民文化会館で開かれる日高百周年文化祭を見学。箏曲部や合唱部などの発表を楽しむほか、お茶席体験なども予定。同日、道成寺研修もある。

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る