合併20周年へ梅景気回復を

 平成16年10月1日に旧南部町と旧南部川村が町村合併し、ことしで10年を迎えた。合併前は田辺市周辺の広域圏での枠組みも検討されたが、両町村は広域圏から脱退して2町村での小さな合併を選んだ。その後、町名などが決まり、比較的スムーズに新しい町が誕生した。合併は結婚に例えられることもあるが、両町村はまさに相思相愛でゴールインしたといえるだろう。
 合併のメリットは、行政のスリム化によるコストの削減が大きい。複数の自治体が1つにまとまることで、首長や職員、議員らの人数を減らすことができ、人件費の節減につながる。行政運営の効率化が図られるのも利点の1つである。これらのメリットに加え、旧南部町と旧南部川村の場合は、特産の梅についても効果があった。合併前までは梅の生産量は田辺市がトップだったが、2つの自治体がまとまることで、新町のみなべ町が田辺市を抜いて全国トップに躍り出た。名実ともに「日本一の梅の里」としてアピールできるようになったことは大きい。
 ところがその梅産業が、合併から10年が経過した今、大きく変化しつつある。価格は半分程度に落ち込み、梅畑にも休耕地が増えてきている。今後は後継者の育成も懸念され、梅農家にとっては危機的な状況だ。
 しかし、合併により2つの梅の産地が1つとなったことで、効果的に消費拡大対策を打ち出しやすくなった。苦難に対しても知恵を出し合いやすく、環境も向上した。産地にとっての問題も大きいが、梅が景気回復することで地域の他の産業にも好影響を与える。平成36年の合併20周年を、いま以上の笑顔で祝える日が来ることを信じたい。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る