合併20周年へ梅景気回復を

 平成16年10月1日に旧南部町と旧南部川村が町村合併し、ことしで10年を迎えた。合併前は田辺市周辺の広域圏での枠組みも検討されたが、両町村は広域圏から脱退して2町村での小さな合併を選んだ。その後、町名などが決まり、比較的スムーズに新しい町が誕生した。合併は結婚に例えられることもあるが、両町村はまさに相思相愛でゴールインしたといえるだろう。
 合併のメリットは、行政のスリム化によるコストの削減が大きい。複数の自治体が1つにまとまることで、首長や職員、議員らの人数を減らすことができ、人件費の節減につながる。行政運営の効率化が図られるのも利点の1つである。これらのメリットに加え、旧南部町と旧南部川村の場合は、特産の梅についても効果があった。合併前までは梅の生産量は田辺市がトップだったが、2つの自治体がまとまることで、新町のみなべ町が田辺市を抜いて全国トップに躍り出た。名実ともに「日本一の梅の里」としてアピールできるようになったことは大きい。
 ところがその梅産業が、合併から10年が経過した今、大きく変化しつつある。価格は半分程度に落ち込み、梅畑にも休耕地が増えてきている。今後は後継者の育成も懸念され、梅農家にとっては危機的な状況だ。
 しかし、合併により2つの梅の産地が1つとなったことで、効果的に消費拡大対策を打ち出しやすくなった。苦難に対しても知恵を出し合いやすく、環境も向上した。産地にとっての問題も大きいが、梅が景気回復することで地域の他の産業にも好影響を与える。平成36年の合併20周年を、いま以上の笑顔で祝える日が来ることを信じたい。     (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高のサバで日本一になるぞ!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る