御坊市社協バザー 中止せず開催へ

 御坊市社会福祉協議会(中村宏次会長)の愛の日チャリティーバザーは、ことしは中止の話が出ていたが、例年通り11月に開催する方向となった。当初、事務局サイドではバザーの準備会場となる福祉センターが改修工事中で使えないなどの理由で中止を提案。しかし、理事から「福祉向上へ長年続くイベント。何とか工夫して開催すべき」と強い反発があった。これを受けて方針転換し、準備会場は市立体育館が検討されている。
 バザーはことしで38回目。昨年は広く一般から提供があった雑貨や食器、陶芸品など6800点を格安で販売。多くの主婦らで大盛況となり、売上金の127万1600円は、福祉向上に活用されている。開催時期は毎年11月の第3日曜日に設定されており、会場は市立体育館を利用(昨年は同体育館が改修工事中のため御坊小学校体育館)している。
 ことしのバザーについては、去る22日の理事会で事務局から「準備会場の福祉センターが使えないため中止にしたい」と提案があった。それによると、バザーの準備としては約2週間にわたり販売物品の仮置きや値付け作業の場が必要で、これまで福祉センターで行っていた。また、提供者が物品を搬入してきた際には社協の職員が対応できて都合がよかった。これに対して理事からは「福祉向上に貢献しているイベントであり、買い物する側も楽しんでいる」などとことしの開催を求める声が上がり、「一度中止するともう開催しなくなるのではないか」との不安の声もあった。さらに準備会場については「学校の空き教室や市役所の会議室など協力を求めて利用できないのか」との提案があった。結局、理事会の場では中止または開催するのかの結論を先送りにしたが、その後、役員と事務局で協議し、開催する方向でまとまった。正式には10月上旬のバザー実行委員会で決定する。ネックの準備会場としては、バザー当日の会場ともなる市立体育館を考えているが、各種スポーツなどでの利用もあるため2週間ずっと借りるわけにもいかず、短期間で人員を増やして値付け作業の準備を進めることを検討している。

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る