けん玉が再流行

 日本の伝統的なおもちゃ、けん玉が、いまブームになっているという。日経トレンディなどによると、数年前からアメリカでは、おしゃれなストリート系スポーツ「kendama」としてパフォーマンスのカッコよさを競うなどで楽しまれており、昨年ごろからは原宿の若者らの間でも徐々に流行が広がっているそうだ。
 そんな中、バンダイが7月に発売したけん玉の進化版玩具がかなり売り上げを伸ばしているとのニュースもあった。この玩具メーカーがすごいのは、ただ単にブームに乗っかっただけでないところにある。まずけん玉の色がピンク、赤、青などとカラフル。とにかく、見た目がおしゃれに仕上げられている。さらに、お皿の部分が取り外し可能で、標準よりも大きなサイズのお皿に付け替えられる。また技を「トリック」とカッコよく呼び、トリックを100種類以上提案するなどソフト面にも気を配っている。
 けん玉を昔のままの状態で再び流行させるのは難しかっただろう。この新商品は、第一印象で子どもや若者の心をつかめるようになっている。まったくの初心者でも大きなお皿で練習できれば途中で投げ出されてしまう恐れが少なくなり、上級者になれば小さなお皿にして高度なトリックを披露できるようになるのでなかなか飽きられない。昔ながらの遊びを、ブームとちょっとした工夫でよみがえらせる。うまくできた話だと感心した。
 けん玉だけでない。何かがちょっとしたアイデアで生まれ変わり、爆発的な人気が出るというのはよくあること。再生の秘けつは、けん玉からでも学ぶことができる。勉強、仕事、その他のさまざまな活動の参考にしていきたいものだ。
       (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る