きよかわ米を商標登録

 みなべ町清川の農家でつくるきよかわ米生産者組合(棒引清代表・組合員11人)は、栽培している「きよかわ米」を商標登録した。山間部のきれいな水で育てられ、以前から「味が良い」と評判。棒引代表は「ことしもおいしい新米ができた。きよかわ米で地域を活性化していきたい」と意気込んでいる。
 きよかわ米生産者組合は、昨年9月に発足。同年末には組合内から商標登録が提案され、以後手続きを進めて今月初めに登録された。対象は清川地域で収穫される米としている。パッケージでは、「きよかわ」と「米」の間に「う」という小さな文字を入れて「うまい」と読ませる。男の子が「やっぱりごはん」と言いながらお代わりしているイラストも含めて登録。デザインは同町埴田のイラストレーター、松下恭子さんが担当した。
 清川では以前から自家消費以外の余剰米を販売しており、同組合が昨年から地域農業の活性化につなげようと県の「過疎集落支援総合対策事業」の一環で組織的に販売を始めた。3㌔入りと5㌔入りのオリジナルの米袋を製作し、コシヒカリ、ニホンバレ、キヌヒカリ、イクヒカリの4種類を商品化。価格は白米5㌔2000円(税込)、3㌔1200円(同)としている。棒引代表は「8月に雨が多くて心配だったが、ことしもおいしい清川の米ができた」と話している。10月10日に清川公民館に隣接する「げんき工房きよかわ村」で催される「きよかわ市」で新米が販売される。

関連記事

フォトニュース

  1. 主産地は平年並みです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る