スズメバチに気をつけて

 先日、友人宅の庭でバーベキューをしていると、時折不愉快な気持ちと恐怖を感じさせる厄介者がやってきた。スズメバチである。近くに巣があるのかどうか分からないが、ブーンという嫌な音をたてながら筆者らがだんらんしている付近を周回。その度に警戒しなければならず、見えなくなるまで気が気でなく、楽しい気分に水が差された。そういえば秋祭りの際にスズメバチを見かけることが結構あり、筆者も食事やゴミ箱を積んでいる軽トラックをしつこく周回され、嫌な思いをしたことがあった。
 調べてみるとスズメバチはこの時期、女王バチを育てるようになるのに伴い、巣に対する防衛行動が活発化しているという。スズメバチが周りをしつこく飛び回ったり、空中で停止したり、アゴをかみ合わせて「カチカチ」という音を出すなどしたら危険信号だそうだ。ちなみに追い払おうとしたり、接近にびっくりして大声を出したりするのは、ハチが興奮してしまうので大変危険。先日のバーベーキューの際には追い払ったことも多かったので、小欄を書きながら反省している。
 予防策としては、匂いに気をつけることが大切だそうだ。化粧品や清涼飲料などに含まれる匂いのなかには、スズメバチの攻撃行動を誘発するフェロモン成分が含まれているものがあり、ジュースの缶にハチが入っていて唇を刺された例もあるという。それに黒くて動くものに対しては攻撃する習性もあるらしく、できれば衣類にも気を配りたい。バーベキューや若中が黒い衣装を身に付ける祭りなど日常生活の何気ない行動で誘引しているスズメバチ。晩秋までは活動が活発なので、注意を。   (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る