御坊で沖縄伝統の組踊鑑賞会

 御坊市制60周年記念事業、文化庁補助事業の「組踊特別鑑賞会」は23日、御坊市民文化会館大ホールで開かれた。出演は社団法人伝統組踊保存会。組踊(くみうどぅい)はユネスコ無形文化遺産に登録、国指定重要無形文化財に指定されている沖縄の伝統芸能で、18世紀に能楽等をもとに創作。今回は「道成寺物」の一つ「執心鐘入」が披露され、約800人の観客は華やかな衣装で演じられる安珍清姫伝説に似た物語を楽しんだ。
 第1部は、老人踊・若衆踊・二才(にせ)踊・女踊と4曲の琉球舞踊が披露された。胡弓や三線など伝統楽器による地謡に合わせてゆったりと優雅に舞われ、観客はうっとりと見入った。
 休憩をはさみ、第2部が「道成寺物」の一つとされる組踊「執心鐘入」。女に追われる男が鐘の中にかくまってもらうという大筋は同じだが、設定などは異なっている。奉公のため都の首里を目指す美少年・中松が一夜の宿を求めた家で若い女に言い寄られ、拒むと命をとられそうになり、寺へ逃げ込んで鐘に隠してもらう。追ってきて鬼女と化した女を、僧侶が法力で調伏するという物語。組踊は中国皇帝の使節をもてなすため能楽などをもとに創作されたもので、能のようにゆったりとしたテンポの優雅な動きで演じられる。ひと味違う「道成寺物」に、観客は興味深く見入った。クライマックスの鬼女と僧侶の対決の場面では動きが少し速くなり、祈禱(きとう)する僧侶らと鬼女が舞台をぐるぐると回って迫力を見せた。小坊主のやりとりなどユーモラスな場面もあり、観客の笑いを誘っていた。終演後、伝統組踊保存会の眞境名正憲会長があいさつに立ち、「『執心鐘入』は道成寺の安珍清姫伝説がもとになっており、伝統芸能を通して沖縄と和歌山に交流が生まれたことをうれしく思います。10年後の市制70周年でもぜひ披露させていただきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る