官民一体で「梅干しでおにぎり」

 みなべ町議会産業建設常任委員会(下村勤委員長)は開会中の定例議会最終日(26日)に、委員会発議で梅干しの消費を推進する「みなべ町紀州南高梅使用のおにぎり及び梅干しの普及に関する条例(梅干しでおにぎり条例)」を提案する。全国でも初めての試みで、梅の消費を促し、低迷している梅産業の振興につなげたい考えだ。近隣の田辺市でも昨年末に梅酒の消費を奨励する「梅酒で乾杯条例」を制定しており、梅の主産地の取り組みが相乗効果を生み出すことも期待したい。
 全国的に消費量が減少しているのは梅だけでなく、魚も同じような境遇にあるようだ。以前の日本人は多くの魚介類を摂取していたが、年々徐々に減少。近年は肉類の摂取が魚介類の摂取を上回っている状況で、漁業関係に大きな影響を与えている。
 港町の兵庫県香美町も魚の消費低迷に悩む自治体の1つで、昭和50年代には年間3万㌧だった漁獲量が7000㌧に減った。漁獲高も100億円から35億円に低下したという。対策として、ことし2月に魚介類の消費を促すために「魚食の普及の促進に関する条例」を制定。以後、学校給食に「とと(魚)の日メニュー」を取り入れたり、魚料理教室や「ととフェス」などのイベントを開催したりしている。
 消費拡大を奨励する今回の条例には罰則などはない。それだけに住民の積極的な協力が必要。梅干しでおにぎり条例を消費の拡大につなげることができるかどうかは、町民が条例の趣旨に対して高い意識を持ち、民間と行政が協力し合える体制ができるかが大きなポイントとなる。地域ぐるみで取り組んでいかなければならない。       (雄)

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る