運転者の自覚で事故抑止

 通勤の途中、よく見かける光景がある。小学校や中学校の通学路、とりわけ信号交差点など危ない個所に学校の先生やボランティアの住民が立って登校を見守る姿だ。筆者が記者になった17年前にはそれほど見られなかったが、ここ数年は多くの学校が取り組んでいるのだろう。町の委嘱を受けているセーフティーガードの方々も含め、防犯、交通両面で子どもを見守る地域の目は年々増えており、保護者にとっては本当に心強い限り。地域ぐるみの活動が子どもの安全を守っているのは間違いない。重大交通事故が年々減少しているのもよく分かる。
 全日本交通安全協会の統計によると、昨年1年間の全国の交通事故死者は4373人で、平成13年以降毎年過去最少(正式な統計を取り始めた昭和46年以降)を更新している。車の性能がよくなった、救急医療体制が充実しているなど要因はいろいろあるだろうが、根本的にはドライバーの安全意識の向上があるだろう。記者になったころ、正面衝突やガードレールを突き破って海岸に転落といった重大な交通事故現場にたびたび駆けつけたが、ここ数年は現場に出動する機会の方が珍しくなった。対向する車は皆シートベルトを着用し、無謀な運転をするドライバーはめっきり少なくなったのが感覚的に分かる。
 とはいえ、数字で見れば全国で一日に12人が事故死している。いまだかつて死亡事故がゼロだった日はない。発生件数も物損事故を含めればそれほど減っていないのが現状だ。ほんの少しの注意で防げた事故がほとんど、というのも事故現場でみてきたことの教訓。きょう21日からは秋の交通安全運動が始まる。あなたの運転は安全ですか。   (片)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る