トレイナートデザイン列車 植野さんが入賞

 「『紀伊半島の夢』を描こう」をキャッチフレーズに、紀の国トレイナート実行委員会(廣本直子委員長)がJRきのくに線の普通列車に描く絵を募集していた「デザイン列車」の受賞者が決まり、植野優華さん(岩代小学校6年)の作品が紀州熊野応援団賞に選ばれた。地域特産の梅干しをテーマにした斬新なアイデアが評価された。
 紀の国トレイナートは、画家や現代美術家、グラフィックデザイナー、写真家らプロの芸術家とJRがタイアップして、10月24日から26日までの3日間、JR南部駅から新宮駅までの各駅や臨時列車内でさまざまな楽しいイベントを行う企画。デザイン列車もイベントの一環で、小学生以下を対象にアイデアあふれる作品を募集。マリンブルーの車体にプロのデザイナーが最優秀賞の1点を描き、紀南地方を中心に10月6日から約3カ月間運行する。県内外から1150点の応募があり、デザイナーの太田博久さんら審査員が最優秀賞1点、入賞3点を選出した。
 植野さんの作品は、入賞3点のうちの1点。色鉛筆でブルーの車体に紅色の梅干しをたくさん描き、「紀州の梅」と言葉も書き入れた。実行委員会からは「斬新で、地域の特産である梅を使っているところがすごくよかった」と高い評価を受けた。ジュニアバレーに打ち込み、児童会長も務める活発な植野さんは、絵は気分転換にたまに描いているという。今回の作品は図工の授業で仕上げた。「梅の産地なので、梅干しをいっぱいにしようと思いつきました。多くの人に梅を知ってほしいという願いを表現しました」とし、「選ばれてびっくりしましたが、うれしいです」と笑顔で話していた。最優秀賞にはすさみ町の小学4年生の作品が選ばれた。表彰式は、トレイナート期間中の10月25日午前9時からJR紀伊田辺駅で行う。

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る