限界突破の強い精神力

 先日、人力飛行機で競う「鳥人間コンテスト」に、お笑いコンビドランクドラゴンの鈴木拓さんが挑戦するテレビ番組を観た。企業が製作した機体とともに、夢と希望を託された鈴木さんは、14㌔の減量や飛行訓練など、必死に頑張る姿が紹介された。本番では見事なフライト。関係者は涙して喜び、筆者も感動で目頭が熱くなった。普段パッとしない芸人だが、「やればできる」という希望を与えてくれた。
 半面、最後の方で鈴木さんが言った「頑張りましたよ」という言葉が気になった。少し厳しい見方をさせてもらうと、その言葉には鈴木さん自身の甘えが見え隠れする。何か自分の努力を他人に認めてほしいという気持ちである。頑張ったかどうかは他人が評価してくれることであり、自分で言うと値打ちが下がる。特に、今回は大記録を達成したといっても、実は目標としていた記録にはあと数㍍届かなかった。仮にそんな場面で「あともう少しだったのに…大変悔しいです」なんて言っていたら、鈴木さんの男前度はさらに上がっていただろう。
 言葉の選択を言っているのではない。努力の結果や現状では常に満足しない強い精神力のことである。それは勉強や仕事でも同じ。苦しい時、辛い時、そして満足の結果が出た時でもあと一歩踏み出す努力や根性があれば、さらにステップアップできる。いま風に言えば「限界突破」とでも表現するのだろうか。
 「変化、進化を続ける」とは、大洋化学㈱創立60周年祝賀会での上西一永代表取締役の言葉。マージャン牌や全自動卓の製造、販売ですでに業界トップの座を手に入れているが、LEDや植物工場などさらに新事業を展開。これぞ現状に満足しない、限界突破への強い精神力があればこそだと思った。  (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 最後まで諦めない!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る