日韓中招待建築30人展に和新・設計が出展

 日本、韓国、中国の優れた建築物を展示し、建築家が情報交換を行う「2014日韓中招待建築家30人展」が22日から韓国釜山で行われ、御坊市湯川町財部、和新・設計事務所(一級建築士・日本建築家協会本部元理事・古久保泰男所長)が設計した「熊野古道の家」=日高町原谷=が出展される。同展はことしで6回目を迎えるが、和歌山県内からの出展は初。日本との厳しい関係が続く韓国、中国との友好や和歌山のPRに一役買ってくれそうだ。
 同展は韓国建築家協会釜山建築家会が主催の企画展。日韓中の建築家が各国建築界の情報を交換し、親交を深め、新しい建築文化を生み出す機会となっている。今回のテーマは「建築家固有の作家精神と建築哲学」となっており、3カ国がそれぞれ10点ずつパネルで出展。期間は26日までの5日間で、参加者同士の交流会も開く。
 和新・設計事務所の熊野古道の家は、日本建築家協会近畿支部和歌山地域会からの推薦を受けて出展が決定。古久保所長は、設計のコンセプトについて「日高町の北東端には古道の西熊野街道が通り、一部に石畳が残り小川が流れ、美しい自然と歴史が語らい往時の名残をとどめている。歴史ある地は、『金魚茶屋』と呼ばれる宿場があり、いにしえ人の癒やしの場であった。自然と歴史が空間を駆け巡る建築をと念(おも)い設計。石畳の路地は訪れる人々を受け入れ、2世帯を分け、テラスへと広がり小川へと導く。せせらぎと鳥のさえずりが心と体を癒やしてくれる。いにしえ人も同じ思いであったかもしれない」と説明。
 今回の出展に際しては「日韓中の友好の必要性が言われる中、こういった機会を与えていただき、日本の建築文化を発信できることを光栄に思っています。今後もさらなる交流を願っています」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっと遅くなりましたが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る