「少年よ、大志を抱け」

 24歳の若きプロテニスプレーヤーが日本を沸かせている。もちろん、錦織圭選手だ。スポーツに関してはすぐに熱くなる日本人も、これだけのフィーバーはそうそうない。それもそのはず、テニスの4大大会の一つ、全米オープンで日本人で初めて決勝の舞台に立ったのだから当然だ。テニスに疎い筆者でも4大大会は知っている。失礼ながら、日本人が優勝をかけて戦うときが来るなど想像すらしなかった。強豪ひしめく外国人勢にかなうわけがないと思っていたからだ。歴史の扉を開いたと同時に、多くの日本人が持っていただろう先入観という壁をも取っ払ってくれたようで、すがすがしい気分にさせてもらった。決勝は残念な結果になったが、まだまだ次がある。
 大手新聞の報道によると、幼稚園のころ、テニスの試合で小学1、2年生に負けたことが悔しくて泣きやまなかったというエピソードが紹介されていた。なるほど、あのさわやかな笑顔とは別に、負けん気の強さは筋金入りなのだろう。その根性がいまの強さの源だろうか。加えて想像を超える厳しい練習を乗り越えてきた結果だろう。テレビでは試合の華々しい部分しか見えないが、努力なくして成長はない。努力に勝る天才はないのだ。
 錦織選手の小学校の卒業文集には、世界一になると書かれていた。卒業文集といえば、サッカーの本田圭佑、野球のイチロー、ゴルフの石川遼と、世界で活躍する選手は皆、小学校のころから将来の夢に向かって努力することをつづっている。4人に共通するのは、子どものころからの目標に向かってまっすぐ突き進んだことだろう。クラーク博士の言葉を借りて、いまこそ「少年よ、大志を抱け」。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る