受け継がれる伝統の音と心

 日高高校箏曲部を初めて取材したのは20年近く前。以後、メンバーは年々入れ替わっているはずなのに、不思議なことに受ける印象は一貫しており、凜とした折り目正しさをいつも感じる。笑顔で話してくれるその奥に、一本筋の通った感じがある。創部46年目にして最少人数、全部員数6人のことしもそれは変わらない
 先月末の県高校総合文化祭邦楽部門では、2・3年生担当の曲には繊細な難曲「箏(こと)ふたつ」を選んだ。大人数での迫力ある演奏とは異なる少人数ならではのよさ、繊細さを前面に出す。1人1人の演奏には更なる完成度の高さが求められる。練習量にかけては運動部にひけをとらない箏曲部、夏休み返上で練習を重ねてきたが、直前になっても完璧とまではいっていなかったという。ところが会場のアクシデントで開催が一日順延。僥倖のようなこの時間を部員は無心に練習に励み、ほぼ完璧に仕上げられた。20人、30人の大編成に混じって少人数で奏でた曲は聴く人の心を捉え、同部は堂々の準優勝を果たした。この一日は、無心に音楽に打ち込む者にだけもたらされる、琴の神様のプレゼントだったかもしれない
 そして12月14日、京都市コンサートホールで開かれる「全国高校生伝統文化フェスティバル」に、同部は西ブロックを代表して出演する。長年の実績の積み重ねが評価されての選抜である。同部にはうらやましいような縦のつながりがあり、卒業生との絆は強い。この選抜も、何代にもわたる先輩達から後輩へのプレゼントともいえるかもしれない
 3年生の部長に全国フェスティバル出場の取材をしていると、隣室から他の部員達の練習の音が聞こえてきた。20年前から聴いてきたのと同じく、凜と澄んで力がこもっていた。 (里)

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る