女子サッカー関西トレセンに日高地方から2選手

 中学生女子サッカーの関西トレセン選考会がこのほど開かれ、日高地方からU―15の中崎未歩選手(由良FC、由良中3年)とU―14の酒本水星(みほし)選手(ベロー・ラ日高、湯川中2年)が見事に突破。今月と10月中に開かれる関西トレセンに参加し、関西代表入りを目指す。中崎選手は力強い突破力、酒本選手は巧みなフェイントが高い評価を受けた。
 関西各府県の代表チームが試合を行う関西トレセン大会が8月に開かれ、試合中の一人一人の動きを審査員がチェック。目に留まった選手をピックアップし、今回は関西全体で70人を選考した。県内から選ばれたのは中崎、酒本両選手を含めて6人だけ。
 中崎選手は由良FCで男子に交じってプレーしているほか、県内の女子選手が集まる和歌山ガールズにも所属し、主将を務めている。男子にも当たり負けしないフィジカルの強さが持ち味で、キーパー以外ならどのポジションでもこなせる適応力の高さも武器。兄の影響で小学1年からサッカーを始め、経験も豊富だ。「もっとスピードを磨いていきたい。関西ではしっかり声を出してチームを引っ張る気持ちで頑張りたい」と闘志満々。由良FCの羽山直矢監督は「謙虚な姿勢と自信を持ったプレーで頑張ってほしい」とエールを送っている。
 酒本選手はMFで、左右両サイドをこなせる器用さと、相手の裏をかくフェイントが最大の魅力だ。小学2年からアミザージでサッカーを始め、中学では男子と一緒にベロー・ラ日高でプレー。「体の強さでは男子に勝てないので、相手の逆をつくよう考えてプレーすることを心がけています。パスの精度を高め、関西では得点につながるプレーをしたい」と燃えている。ベロー・ラの梅本昌照監督は「明るくて一生懸命プレーできる。フェイントがうまいので、もっとキレを磨いていけるよう関西でいろいろ吸収してきてほしい」と活躍に期待を込めている。
 関西トレセンは9月中に2回、10月に1回練習会や合宿を行い、最終的にはナショナルトレセンに参加する関西代表を決める。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る