日高高校箏曲部が全国フェス出場へ

 伝統文化の継承に励む全国トップレベルの高校生が京都に集う大会、第3回「全国高校生伝統文化フェスティバル」が12月14日に京都コンサートホールで開催。日高高校箏曲部が選抜され、日本音楽部門で出演する。同部門には全国から2校で、西ブロック(近畿・中国・四国・九州)を代表しての出演となる。これまでの実績を考慮しての選抜。部員は「先輩達の努力の積み重ねのおかげ。恥ずかしくない演奏をしたい」と気を引き締めている。
 主催は京都府、京都府高等学校芸術文化連盟。次世代の文化を担う高校生の目標の場として、平成24年度から実施している。内容はステージでの選抜校公演、全体交流会など。公演は日本音楽・郷土芸能(伝承系、太鼓)・吟詠剣詩舞・特別公演がある。
 同部は昭和43年に創部、ことしで46年目になる。これまで県総合文化祭で通算29回の優勝を果たし、全国総合文化祭に18回出場。全国ではベスト4に当たる文化庁長官賞や優良賞など、6年連続で上位入賞するという全国に例のない快挙を成し遂げた。
 ことしの部員は6人。全国の舞台に臨んだ経験はまだないが、同部は特に縦のつながりが強く、OGが熱心に部を訪れたり大会に駆けつけては助言やエールを送るなど、部の志はしっかり受け継がれてきているという。当日は、先月末の県大会で弾いた2曲のうち「Sarah~過ぎ行く時~」を6人全員で演奏する。水の流れと時の流れを表現した、生命力のあふれる力強い曲。部長の玉置沙也加さん(3年)は「このフェスティバルに私たちが出演できることになったのは、いままで45年間も積み重ねられてきた先輩方の努力のおかげです。そのことを肝に銘じ、6人が心を一つにして、聴いてくれる人に感動してもらえるような演奏をしてきたいと思っています」と話している。指導の神田さんは「これまでの卒業生たちの努力が実を結んでくれたようで、感慨深い思いです。ことしは学校創立100周年でもあり、ちょうどこの年に選ばれたことは不思議な気がします」と話している。同部のメンバーは次の皆さん。
 玉置沙也加、中早優芽(以上3年)、山﨑美緒、保田穂香(以上2年)、荒井梨菜、赤松亜優美(以上1年)▽指導=神田(菊瓔)佐和子▽顧問=安原美有紀、寺田順子、小川万里子

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る