御坊市に助産院オープン

 御坊市湯川町小松原、助産師の中西理予(まさよ)さん(47)は今月3日、自宅敷地内に「バース・ハウスなかにし助産院」を開院した。入院設備を整え、バス・トイレ付きの出産用の部屋、診察室などを備える。日高地方に助産院は珍しく、「お母さんたちが安心して出産、子育てできるようお手伝いしたいと思います」と張り切っている。
 中西さんは看護学校を経て大阪の聖バルナバ助産師学院に学び、実際に出産に立ち合って「新たな命の誕生は素晴らしく感動的なこと」と感銘を受けた。23歳で助産師資格を取得。「流れ作業」のように事務的にお産に接するのではなく、妊産婦1人1人と向き合って本当の意味で力になれたらとの思いで、10年前から地元で出張専門の助産師としての業務をスタート。自宅での出産をサポートする仕事を重ね、出産や子育てに不安を抱く母親が安心できる体制を整えたいと開院を決めた。
 施設は平屋建て。出産用の部屋は2室あり、落ち着きと安心を与える和室で、ベッドは置かない。気温の急激な変化を避けるようバスにはミスト付きシャワーを設置。トイレも広くとっている。院内での出産のほか産後入院、自宅での出産、乳房ケア、乳児の沐浴の手助けなども行う。診療は完全予約制で時間など相談に応じる。
 中西さんは学校などで性教育と生教育(命の誕生に関する教育)に関する講演も行っており、命の尊さを若い世代に伝えたいと幅広く活動している。「相談できる人もなく、出産に不安を抱いている若いお母さんは多いと思います。どんなことでも相談してもらい、安心してお産に臨む手助けができればと思っています」と話している。
 診療の予約や問い合わせは℡0738―22―2950、℡090―1077―5441。メールアドレスはsun_riyo_mid@docomo.ne.jp

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る