五輪選手の貴重な話

 日高高校陸上競技部OB会主催で、30日に行われた同校創立百周年記念事業。同部OBで五輪50㌔競歩3大会連続出場の小坂忠広さん(54)=石川県立小松特別支援学校勤務=が講演し、取材で話を聞かせてもらった。
 高校時代は全国駅伝に出場するなど長距離ランナーだった小坂さん。体育の教員になりたいと思い、進学した順天堂大でも3000㍍SCなどで好成績をおさめた。大学時代、マラソンの国内トップランナーと同じくらいの最大酸素摂取量(スタミナの指標の一つ)を有しながら、1万㍍のタイムでは3分の遅れがあった。フォームの矯正が必要と考え、指導者の助言を受けて取り組み始めたのが競歩。以降、メキシコ単身武者修行などを経て五輪出場を果たし、36歳のベテランになってから日本選手権を日本最高記録で優勝するなど国内のトップ選手として長期間にわたり活躍した。
 アスリートなら誰もがぶつかる伸び悩みや衰えを克服して長年、活躍できたのはなぜか。いくつかの要因を聞かせてもらったが、一番印象に残っているのは「伸び悩みには原因があるのは間違いない」という部分だ。高校生選手の質問に答えたのだが、個人個人で違う伸び悩みの「原因」を肉体的、心理的などありとあらゆるデータなどから調べ上げ、それを一つ一つ解決していくのが打ち勝つ鍵と話した。やみくもに練習を重ねても結果につながらない。己を知れば百戦危うからずといったところだろうか。
 「伸び悩み」。人生では勉強でも仕事でも、誰でもいつかはぶつかる壁である。いろいろと参考になる話をたくさん聞くことができ、アスリートではない筆者にも貴重な時間だった。     (賀)

関連記事

フォトニュース

  1. キャラメル味やで~

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  2. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  3. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  4. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  5. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る