清姫ゆかりの美人旅 参加者募集中

 日高、西牟婁、東牟婁の3振興局共同の本年度政策コンペ事業として採択された不思議伝説PR事業「癒しの国の『妖し』の物語~熊野への聖地巡礼」は、10月に行うバスツアー「純愛の化身、清姫ゆかりの美人旅」の参加申し込みが少なく、今月5日までの参加募集期間を17日まで延長した。「20代、30代の独身女性」という参加条件を撤廃、新たに美容と健康を意識した料理も登場。盛りだくさんな1泊2日で、すべての女性の「女子力」アップを目指す。
 ツアーは「純愛の化身清姫ゆかりの美人旅~古(いにしえ)の地で心も癒すご褒美旅をしよう~」というタイトルで、10月11・12日に実施。当初は参加者を20・30代の独身女性に限定(定員30人)していたが、今月5日の締め切りまでに3組6人しか応募がなかったため、年齢制限をなくし、女性ならだれでも参加できるようにした。
 11日は午前11時20分にJR田辺駅をバスで出発。中辺路町の清姫渕、一願寺などを巡り、夜はじゃらん満足度ランキング秘湯部門1位の龍神温泉に入り、宿泊先ではコラーゲンたっぷりのスッポン鍋や龍神産の野菜、果物を使ったヘルシーな「美人会席」を楽しみ、新宮出身の芥川賞作家、故中上健次の長女で作家の中上紀(のり)さんとの清姫に関するガールズトークもある。
 12日は由良町の白崎海洋公園を散策し、日高川町の道成寺で小野俊成住職による絵とき説法、和歌山市出身の日舞尾上流の尾上菊透(きくゆき)さんによる和の作法講座などが行われる。
 料金(4食つき)は宿泊が3人以上1室で1万円、2人1室で1万1000円。申し込み、問い合わせは中紀バス観光社℡0738-24-1110。
 ツアー実行委員会は「美人会席は『現代の名工』といわれる東京の人気レストラン、東京會舘のシェフに監修をお願いしました。おいしい料理とお肌つるつるの美人の湯、和の作法で女子力をアップさせましょう」と呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. 水をまいたら涼しくなるよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る