保育サポーター14人誕生

 母親らの要望に応じて有償で一時的に子どもを預かる「保育サポーター」の養成講座の最終日が2日、御坊市の財部会館で開かれ、20代から60代の主婦ら14人のサポーターが誕生した。買い物や冠婚葬祭などで子どもを預けたいという母親をサポートする取り組みで、日高地方では初。今後、料金設定などを行い、11月からのスタートを目指す。
 冠婚葬祭や講演会、他の子どもの学校行事、買い物、母親自身の病気、リフレッシュなどで、子どもを一時的に預けたいというニーズに応え、サポーターが預かる取り組み。サポーターは専門講師を招いた全24時間の講座を受講することで一般財団法人女性労働協会から認定され、活動できる。知人などに預ける場合と比べて、有償になるが、サポーターは子どもの安全や栄養、病気などの知識を身につけているほか、女性労働協会による傷害保険と賠償保険に加入しているため、安心して預けることができる。
 日高地方での講座は御坊市男女共同参画推進団体ウイズ・ア・スマイル(松山悦子代表)が主体となって実施。メンバーのほか、一般からも参加。6月から保育士や保健師、助産師、絵本作家などを講師に招き、全10回合計24時間の講座を実施。2日には受講者20人中、全講座を受講した14人に修了証書が手渡された。
 14人は「スマイル(仮称)」サポーターとして活動。対象エリアは御坊市、美浜町、日高町、日高川町、印南町の1市5町。料金は今後検討するが、1時間数百円をイメージ。このほか各事務手続きなどを進め、11月からのスタートを目指している。松山代表は「みんなでお母さんをサポートしていきたい。また毎年、講座を開いていきたい」と話している。サポーターは次の皆さん。
 松山悦子、福居麻都佳、斎藤真紀、木戸地則子、山本清香、木戸地美也子、玉井理恵、久保栄子(以上御坊市)、丸山美代子、水田美穂、中戸恵(以上美浜町)、金森美智子(日高川町)、三木智栄(印南町)、新谷睦子(田辺市)

関連記事

フォトニュース

  1. ほんまもんみたいや!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る