保育サポーター14人誕生

 母親らの要望に応じて有償で一時的に子どもを預かる「保育サポーター」の養成講座の最終日が2日、御坊市の財部会館で開かれ、20代から60代の主婦ら14人のサポーターが誕生した。買い物や冠婚葬祭などで子どもを預けたいという母親をサポートする取り組みで、日高地方では初。今後、料金設定などを行い、11月からのスタートを目指す。
 冠婚葬祭や講演会、他の子どもの学校行事、買い物、母親自身の病気、リフレッシュなどで、子どもを一時的に預けたいというニーズに応え、サポーターが預かる取り組み。サポーターは専門講師を招いた全24時間の講座を受講することで一般財団法人女性労働協会から認定され、活動できる。知人などに預ける場合と比べて、有償になるが、サポーターは子どもの安全や栄養、病気などの知識を身につけているほか、女性労働協会による傷害保険と賠償保険に加入しているため、安心して預けることができる。
 日高地方での講座は御坊市男女共同参画推進団体ウイズ・ア・スマイル(松山悦子代表)が主体となって実施。メンバーのほか、一般からも参加。6月から保育士や保健師、助産師、絵本作家などを講師に招き、全10回合計24時間の講座を実施。2日には受講者20人中、全講座を受講した14人に修了証書が手渡された。
 14人は「スマイル(仮称)」サポーターとして活動。対象エリアは御坊市、美浜町、日高町、日高川町、印南町の1市5町。料金は今後検討するが、1時間数百円をイメージ。このほか各事務手続きなどを進め、11月からのスタートを目指している。松山代表は「みんなでお母さんをサポートしていきたい。また毎年、講座を開いていきたい」と話している。サポーターは次の皆さん。
 松山悦子、福居麻都佳、斎藤真紀、木戸地則子、山本清香、木戸地美也子、玉井理恵、久保栄子(以上御坊市)、丸山美代子、水田美穂、中戸恵(以上美浜町)、金森美智子(日高川町)、三木智栄(印南町)、新谷睦子(田辺市)

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る