御坊市のフラワーアート決まる

吉本国体-岡野.jpg
吉本国体-山本野村.jpg
 来年9、10月の紀の国わかやま国体に向けて「来訪者を花でおもてなし」をテーマに御坊市が募集したフラワーアートデザインの審査会があり、29日に採択2作品が発表された。日高川町和佐、山本志穂さん(29)と御坊市藤田町藤井、野村実里さん(29)の合同作品「スタロボきいちゃん」と名田町上野、岡野博美さん(64)の「歴史とロマンと〝希望〟あふれるまち」。今後、デザインの具体化に向けて協議していき、国体期間中に市内競技会場で展示する。
 フラワーアートはさまざまな花を使って絵のように表現する方法。今回採択された「スタロボ…」は、国体マスコットの「きいちゃん」が御坊特産の癒やしの花に囲まれて、国体の選手に手を振って応援している様子を表現。考案者の2人は「タイトルの『スタ』はスターチス、『ロボ』は毎年地元でロボットフェスティバルが開催される町であることから組み合わせました」と話している。一方、「歴史とロマン…」は、御坊のシンボルとも言える日高別院の大イチョウや紀州鉄道のほか、きいちゃんや虹も描いている。岡野さんは「虹のトンネルは、いまと昔、そしてこれからをつなぐ懸け橋で輝かしい未来へ一直線に突き進むイメージを全体で表現しました」と説明している。審査会では考案者のプレゼンテーションも行われ、いずれも地元特産のスターチスやコギクなどを生かした作品で、御坊らしさをアピールできるところが評価された。
 表彰式や賞品の贈呈はなし。フラワーアートのアイデアは決まったが、実際にどれだけの花が必要なのか、いつごろから製作に取りかかればよいのかなどは手探りの状態で、今後、考案者とともに担当課が検討していく。作品の大きさは縦1・2㍍、横3・6㍍を予定。展示する市内競技会場は、バレーボールが行われる市立体育館と軟式野球の御坊総合運動公園内市民球場となっている。
 今回、市民のアイデアを基に行政がいっしょになってまちづくりを進めていく市民提案協働事業の一環で初の試み。

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る