御坊市のフラワーアート決まる

吉本国体-岡野.jpg
吉本国体-山本野村.jpg
 来年9、10月の紀の国わかやま国体に向けて「来訪者を花でおもてなし」をテーマに御坊市が募集したフラワーアートデザインの審査会があり、29日に採択2作品が発表された。日高川町和佐、山本志穂さん(29)と御坊市藤田町藤井、野村実里さん(29)の合同作品「スタロボきいちゃん」と名田町上野、岡野博美さん(64)の「歴史とロマンと〝希望〟あふれるまち」。今後、デザインの具体化に向けて協議していき、国体期間中に市内競技会場で展示する。
 フラワーアートはさまざまな花を使って絵のように表現する方法。今回採択された「スタロボ…」は、国体マスコットの「きいちゃん」が御坊特産の癒やしの花に囲まれて、国体の選手に手を振って応援している様子を表現。考案者の2人は「タイトルの『スタ』はスターチス、『ロボ』は毎年地元でロボットフェスティバルが開催される町であることから組み合わせました」と話している。一方、「歴史とロマン…」は、御坊のシンボルとも言える日高別院の大イチョウや紀州鉄道のほか、きいちゃんや虹も描いている。岡野さんは「虹のトンネルは、いまと昔、そしてこれからをつなぐ懸け橋で輝かしい未来へ一直線に突き進むイメージを全体で表現しました」と説明している。審査会では考案者のプレゼンテーションも行われ、いずれも地元特産のスターチスやコギクなどを生かした作品で、御坊らしさをアピールできるところが評価された。
 表彰式や賞品の贈呈はなし。フラワーアートのアイデアは決まったが、実際にどれだけの花が必要なのか、いつごろから製作に取りかかればよいのかなどは手探りの状態で、今後、考案者とともに担当課が検討していく。作品の大きさは縦1・2㍍、横3・6㍍を予定。展示する市内競技会場は、バレーボールが行われる市立体育館と軟式野球の御坊総合運動公園内市民球場となっている。
 今回、市民のアイデアを基に行政がいっしょになってまちづくりを進めていく市民提案協働事業の一環で初の試み。

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る