国境なき医師団の奮闘に敬意を

 西アフリカを中心に感染が拡大しているエボラ出血熱。発症すれば致死率は50%を超え、死者数は1400人以上となり、緊急事態宣言を出したWHO(世界保健機構)の関係者までもが感染した。
 WHOの関係者はドイツの感染症病院に収容され、本人は回復の可能性があり、一般市民への拡大の可能性はないという。しかし、実際には流行国で患者の治療に当たる医療従事者が200人以上感染し、その半数以上が死亡しているという。
 ダスティン・ホフマン主演の映画『アウトブレイク』が公開されたのが1995年。宇宙服のような防護服を着て未知のウイルスに立ち向かったあの衝撃的な映像から19年が過ぎ、人類はエボラ熱に打ち勝つことができないまま、映画のようなパニックに直面している。
 有効な治療薬がなく、WHOは条件付きで効果が期待できそうな未承認薬の患者への投与を認め、アメリカで開発された「ZMapp」が3人に投与された。2人は回復、もう1人もいったん回復の兆しをみせながら、再び容体が悪化して亡くなった。
 そこで、期待が高まっているのがわれらが日本の富士フイルムグループが開発した抗インフルエンザ薬「アビガン」。エボラウイルスに感染させたマウスでは一定の効果が確認されており、政府も同グループとともに、WHOや各国から要請があれば、提供する考えを示している。
 「危ないから行くな」といわれながら、自ら危険地帯に入り、イスラム過激派に拘束された日本人はともかく。人の命を守るため、人類を危機から救うため、国境を越えて集まった医師、看護師がウイルスを相手に奮闘している。野口英世のような捨て身の研究者魂に心から敬意を表したい。   (静)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る