カラス天狗のミイラ有効活用へ

 28日付の本紙で紹介した「カラス天狗のミイラ」については、ここ数年取り上げる機会がなかったため、すっかり頭から消えていたが、大変貴重なものだとあらためて感じた。確かに県が行った断層撮影でトンビとみられる骨や粘土で作っていることが分かり、いわゆる〝偽物〟。「空想上のカラス天狗が実在したのではないか」というロマンはなくなったが、かつての信仰の対象になっていたことや当時の製造技術を伝えるということだけでも歴史的資料の価値が高い。何よりも国内で唯一現存するカラス天狗のミイラであることの意味は大きい。
 何が言いたいのかというと、そんな国内唯一の〝宝物〟を見に来てもらえるような工夫やPRがもっと必要だということ。正直言って現在展示されている御坊総合運動公園内の歴史民俗資料館では、場所的な問題があるのか、あまり注目されていないような気がする。そこで思うのが寺内町観光推進に向けた活用。横町の中川邸では、そば屋のオープンに続き、近く住居部分を改修してさまざまな展示の場にするが、その一角にカラス天狗のミイラを置かせてもらうのはどうだろう。ミイラはもともと所有者の山伏が行き倒れになった小竹八幡神社で保管されていたという点で、寺内町にゆかりもある。
 ただ、記事でも紹介したが、ミイラの老朽化が深刻になっている。しかし、保存処理するには数百万円が見込まれているため、そう簡単にできることではない。しかも、これだけ貴重なミイラであっても何の文化財指定も受けていないことから他の機関からの補助金が受けにくいという。それならまずは文化財指定から進めるのはいかがだろうか。 (吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 光りの向きはこっちやから…

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 南部梅林

    2月 1 @ 12:00 AM - 3月 1 @ 12:00 AM
  2. ごぼうまちゼミ

    2月 8 @ 12:00 AM - 3月 15 @ 12:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る