消費者を裏切ることだけは…

 筆者は「花よりだんご」のタイプで、旅行は観光より食事が一番の楽しみだ。その土地のおいしいものを味わうのは、旅行の醍醐味。旅先で口にした料理がおいしければおいしいほど、旅全体が一段と素晴らしくなる。ところが、後になって、献立に国産と書かれていた肉料理が外国産だったり、鮮魚と表記されていた魚料理が冷凍だったことが分かったらどうだろう。食事だけでなく、旅そのものにけちがつけられてしまう。
 食材に対する偽装、誤表記の問題が後を絶たない。先日、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどの専門店が、ブランド牛ではない和牛を「松阪牛」として提供していた。昨年も話題になったが、普通の野菜をオーガニック野菜としたり、北海道産としていたボタンエビがカナダ産、京地鶏がブロイラー、シャンパンがスパークリングワインだったり。例えそれが悪気がなかったとしても、消費者側は望んでもいないものを食べさせられ、料金を払ったことに変わりはなく、だまされたも同然。この手のニュースを見るたびに腹立たしい気分になる。
 我々、消費する側も食に対する知識をもつことが必要だが、献立の表記はまず疑わないし、その先入観をもって食べるので、うそや間違いを見抜くことは困難だ。提供する側を信頼するほかない。偽装、誤表記が発覚した提供者は食事代返金などとしているが、旅行は食事優先で行き先を決めることも、食事のためだけに遠出することもある。消費者感情を言うなら食事代返金はもちろん、交通費もお願いしたいものだ。これらの問題について罰則を厳しくすることも望みたいが、とにかく消費者を裏切ることだけは本当にやめていただきたい。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る