消費者を裏切ることだけは…

 筆者は「花よりだんご」のタイプで、旅行は観光より食事が一番の楽しみだ。その土地のおいしいものを味わうのは、旅行の醍醐味。旅先で口にした料理がおいしければおいしいほど、旅全体が一段と素晴らしくなる。ところが、後になって、献立に国産と書かれていた肉料理が外国産だったり、鮮魚と表記されていた魚料理が冷凍だったことが分かったらどうだろう。食事だけでなく、旅そのものにけちがつけられてしまう。
 食材に対する偽装、誤表記の問題が後を絶たない。先日、しゃぶしゃぶ、すき焼きなどの専門店が、ブランド牛ではない和牛を「松阪牛」として提供していた。昨年も話題になったが、普通の野菜をオーガニック野菜としたり、北海道産としていたボタンエビがカナダ産、京地鶏がブロイラー、シャンパンがスパークリングワインだったり。例えそれが悪気がなかったとしても、消費者側は望んでもいないものを食べさせられ、料金を払ったことに変わりはなく、だまされたも同然。この手のニュースを見るたびに腹立たしい気分になる。
 我々、消費する側も食に対する知識をもつことが必要だが、献立の表記はまず疑わないし、その先入観をもって食べるので、うそや間違いを見抜くことは困難だ。提供する側を信頼するほかない。偽装、誤表記が発覚した提供者は食事代返金などとしているが、旅行は食事優先で行き先を決めることも、食事のためだけに遠出することもある。消費者感情を言うなら食事代返金はもちろん、交通費もお願いしたいものだ。これらの問題について罰則を厳しくすることも望みたいが、とにかく消費者を裏切ることだけは本当にやめていただきたい。  (昌)

関連記事

フォトニュース

  1. ボクらも癒やされます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る