印南で自転車国体リハ大会104人疾走

 紀の国わかやま国体自転車ロードレースのリハーサル大会「第49回全国都道府県対抗自転車競技大会」が24日、印南町黒潮フルーツライン特設コースで開かれ、男女104人が熱戦を展開した。会場ではボランティアらが地元産品の無料配布ブースで選手や来場者をおもてなし。レース結果は、男子個人で地元和歌山の選手が見事優勝に輝き、来年の本大会へ機運を高めた。
 出発式では、手書きの応援メッセージを書いたのぼりを掲げながら地元中学生が先導し、選手が入場。歓迎の山口太鼓が鳴り響いた後、日裏勝己町長が「全国から集まった選手、関係者の皆さんを熱烈歓迎します。素晴らしいコースが待っていますので、日ごろの練習の成果を思う存分発揮してください」とあいさつ。印南町出身のアイドル歌手Shinoさんが総合司会を進め、午前8時半に男子(6周94.8㌔)、5分後に女子(3周47.4㌔)がスタート。すごいスピードで走り過ぎていく選手たちに、沿道では地元住民らが手旗を振って応援した。会場では大型モニターが設置され、フルーツラインの急な坂道を勢いよく上がる選手の姿などが映し出され、歓声が上がっていた。
 グラウンドではボランティアによる焼きシイタケやそうめん、かき氷などが無料で振る舞われ、選手や関係者、応援者らをもてなした。表彰式は体育館で行われ、男女それぞれ上位8人を表彰。男子では地元和歌山の窪木一茂選手(和歌山県教育庁)が2時間45分32秒で見事優勝に輝いた。
 印南町実行委員会では「多くのボランティアの皆さんのご協力のおかげで大きな問題もなくスムーズに進行することができました。今後、細かな課題などを検証していきたい」と話している。

関連記事

フォトニュース

  1. 吉兆!? これは珍しい

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る