避難方法の再考が必要

 広島市北部を襲った土砂災害の惨状には言葉を失ってしまう。家族を失った人の悲しみや、生存を信じて名前を叫ぶ映像をテレビで見ていると胸が痛い。専門家は当初、地質的に危険性が高い場所だったと分析していたが、その後の調査では比較的固い地盤だったという報道もあった。3時間で200㍉を超えるというすさまじい豪雨がもたらした災害だ。住民の方々もまさかこれほどの土砂災害が起こると思っていなかったろう。家にいる方が安全だと思うのが自然。予期せぬ災害からどうすれば身を守れるのだろうか。
 天気のプロである気象庁ですら、集中豪雨の地域や雨量を予測するのは難しい。そんな中で今回の報道でも避難勧告を出すのが遅かったなどと指摘されていた。見直しは当然必要だが、避難するかしないかを、行政などからの勧告が出るか出ないかで判断するという仕組み自体に限界があるように思えてならない。今回の災害をみていると、行政は雨量を予想したり雨が強くなってから勧告を出すことにこだわるのではなく、普段から住民の住む場所にどんな危険があるかを調査し、伝えておくことが求められるように感じる。
 京都府福知山市の水害では、住民が避難所に行く「水平避難」ではなく自宅の2階などで安全を確保する「垂直避難」が実践された。避難中に被災した過去の教訓が生かされたのだ。もちろん広島市の災害に当てはまる訳ではない。災害にセオリーはないのだ。いま自分にできることは、住んでいる周りにどのような危険があり、いつ、どのタイミングでどこに避難すると判断するか再考すること。教訓は必ず生かさなければならない。  (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 花言葉は「楽しい思い出」

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る