JICAマレーシア研修員が日高高校訪問

 JICA(独立行政法人国際協力機構)関西が受け入れたマレーシアの研修員15人が21日、日高高校を訪れ、生徒との交流、教職員との意見交換等で日本の学校教育、生徒指導のあり方などを学んだ。生徒との交流では、10月のアジア高校生フォーラムで英語のディスカッションに参加する生徒たちが、日本の文化や観光についてプレゼン。終了後は御坊市内の日高別院、農産物直売スーパーなども訪問した。
 訪れたのは、経済連携研修プログラム(EPP)の一環で、中間管理職のための指導者研修に参加しているマレーシアの公務員。省庁や大学の職員が多く、今月19日から来月上旬まで日本に滞在し、関西と関東の大学や歴史関係団体、人事院、大手空調メーカーなどを訪ね、日本の文化、経済、政治から組織の運営、人材育成について学ぶ。
 日高高校では、10月に開催する同校創立100周年記念事業「アジア高校生フォーラム」の実行委員会の生徒ら21人と交流。生徒たちはフォーラムで他国の高校生らと英語によるディスカッションを行う予定で、この日はそのリハーサルも兼ね、「文化」「観光」「環境」の3つのテーマのグループごとに英語でプレゼンテーションを行った。
 観光のグループは、外国人が日本を知るための「心がつながるおもてなし」は何かを考え、大阪の都心のビルやお好み焼き、100円ショップ、高野山の宿坊や座禅など、外国人が喜ぶと思うスポット、食べもの、体験を紹介。また、研修員側のリクエストで、日本の教育、高校生の学力水準の高さなどに関して教職員との意見交換も行われ、日高高校の山﨑一生教頭が「日本の教師は学校の授業だけでなく、部活動を通じて生徒とかかわり、学校以外の生活面でもしっかりフォローしている。そんな教師の努力、生徒との心の距離の短さも、生徒たちの学習意欲の向上につながっているのでは」などと話した。
 御坊市藤田町の農産物直売所「よってって」では旬の梨やぶどうを買い求め、たこ焼きを買った男性は「大阪名物のたこ焼きはマレーシアでも人気があります。とってもおいしいです」と笑顔をみせていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 涼しげでいいですね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  2. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  3. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  4. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  5. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る