昭和歌謡のコンサートに感銘

 由良町中央公民館で開かれた、和歌山室内管弦楽団のサマーコンサートを取材した。初の試みで、すべて昭和歌謡である
 筆者の小学生時代、存命ならことしで米寿だった父はよくテレビの懐メロ番組にチャンネルを合わせ、古賀メロディーや田端義夫の曲に聞き入っていた。筆者はそれらに特に興味を持たず、世代相応にいわゆるニューミュージックや海外ポップスなどを聴いて大きくなったが、今回、歌に耳を傾けるうち当時の記憶が甦ってきた。うたおうと思えば一緒にうたえるくらいよく覚えていることに、自分でも驚いた。帰りの車中ではプログラムになかった「赤いランプの終列車」「柿の木坂の家」なども口ずさみたくなったほどだ
 歌手を務めた方々にはクラシックや合唱などの活動をしている人もおり、格調高いうたいぶりが各曲の持つ詩情を際立たせていた。「影を慕いて」「白い花の咲く頃」の悲しみを帯びたメロディーラインが、当時の父に近い年齢になって初めて心にしみじみ染み通ってきた
 日本の音楽は実に豊かな歴史を持つ。古代には大陸から伝わった雅楽、中世には能楽など、江戸期には鎖国のため日本独自の長唄などが発展。そして明治維新で西洋音楽と出会い、近代音楽が生まれるのだが、民謡の音階を取り入れた哀調ある歌謡曲は、西洋文化に親しみながらも古来の日本人としての感性を豊かに持つ昭和初期の人々の心を捉えたのだろうか
 などという理屈はさておき、今回のコンサートは筆者も含めた観客を心から楽しませてくれた。「青い山脈」「高校三年生」の出だしなど、客席から自然に歌が湧き起こってくるようだった。心に理屈抜きのうるおいを与える。これが、音楽というものの持つ底力なのだろう。    (里)

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る