ボーイズリーグ鶴岡大会 泉口選手が関西選抜入り

 公益財団法人日本少年野球連盟ボーイズリーグの第15回日本少年野球鶴岡一人記念大会(22、23日、大分県・別府市民球場など)に出場する中学生部門の関西ブロック選抜に、和歌山日高ボーイズ/マリナーズの泉口友汰選手(河南中3年)が選ばれた。選りすぐりの選手で結成された全国各ブロックの6チームが参加、優勝を目指して争う大舞台。県内からはわずか2選手の選出で、泉口選手は「連覇へ貢献したい」と闘志を燃やしている。
 泉口選手は173㌢、58㌔、右投げ左打ちの内野手兼投手。マリナーズでは中軸打者。卓越したミート力に長打も兼ね備えた打撃と鉄壁の守備、直球にスライダーとカーブを交えた投球が魅力の選手。マリナーズでは1年秋の関西秋季大会からベンチ入り、2年からレギュラーで活躍、チームの勝利に貢献している。6月の県大会でも、和歌山有田ボーイズ戦でチームは敗れたものの、3打数で三塁打2本、2打点の活躍を見せた。今春には関西ブロック支部対抗オールスター大会の県支部選抜にも選ばれた。
 関西ブロック選抜の中学生の部は19人。約150チームの有能選手67人の中から、選抜選手を決めるトライアウトで選ばれた。泉口選手は走攻守いずれの面でも高い評価を受け、関西ブロック選抜でも中軸を期待されている。泉口選手は「守備は自信があるのでそつなくこなせるプレー、打撃はチャンスでヒットを打って勝負強いところを見せたい。チームは連覇を目指している。優勝に貢献したい」と意気込んでいる。
 中学生の部は初日に3チームずつ2ゾーンに分かれての予選リーグ、2日目は上位2チームによる決勝トーナメントで熱戦が展開される。関西ブロック選抜の予選リーグの相手は、中四国と九州北。そのほか大会は6チームで争う小学生の部と3チームの女子の部もある。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る