みなべの光明寺で六斎念仏始まる

 県の指定無形文化財となっている、みなべ町晩稲、西山浄土宗光明寺(和田教完住職)の「六斎念仏」が14日から行われている。400~500年前、旅の僧侶が地元に滞在して人々に念仏を伝えたのが始まりといわれ、本堂、地蔵堂や英霊堂などで経を唱える仏事。23日までの期間、計5日間にわたって続けられる。
 言い伝えによると400~500年前、晩稲地内の下の尾地区に旅の僧侶が長期にわたって滞在し、住民に経を伝えたとされる。経は「七つ子」「賽の川原」「六字訓」「四方拝」「山ごもり」「身売り」の6曲で、1曲15~30分。戦前は光明寺の盆行事として有名だったが、戦時中に一時中断。戦後、寺や檀家信徒の努力で復活し、現在は檀家信徒で結成する六斎念仏保存会(嵜山瀁会長)が続けている。14日から23日までの5日間にわたって本堂、地区内の薬師堂、大師堂など8カ所で行われる。昭和44年4月には、「紀南地方における浄土宗の教えの隆盛を物語る仏教芸能の一つで、文化遺産としての価値が高い」と県無形民俗文化財に指定された。
 ことしも保存会のメンバー4人が参加。初日には光明寺の墓地の一角に建てられている英霊堂で「四方拝」、本堂や地蔵堂で「六字訓」、「七つ子」をそれぞれ唱えた。澄んだ鉦の音色と厳かな読経の声が周辺に響いた。16日には薬師堂で実施。17日に常楽観音と庚申、20日に大師堂、23日に地蔵堂と本堂で行われる。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る